湯気上人の気分は上々
ひとことネタ中心のブログです。 地球上のどこかでは使えるかもしれないひとことが満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カッポゥゼロ時間へ
「僕たちもう、終わりだね」

彼は静かに言った。

「ええ、そうね」

彼女も小さくつぶやくように答える。

「そうか。じゃあ、とっとと出ていってくれないか?」

彼は少し語気を荒げて言った。

「言われなくても出ていくわよ。送ってくれなくていいから」

そう言い残すと、彼女はドアをバタンと勢い良く閉めて部屋を出ていった。

「誰が送るかよ」

彼のつぶやく声が、寂しくなった部屋に少しだけ響いてすぐ消えた。

まるで、二人の思い出が儚く消え去るように。



「僕たちの出会いってこんな感じだったよね」

「うん。懐かしいなぁ」

今日も二人は仲良く自主制作映画を見ていた。
スポンサーサイト

テーマ:謎は謎なんだからしょうがない - ジャンル:

copyright © 2005 湯気上人の気分は上々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。